ゴルフの練習にTシャツを

ゴルフの練習にTシャツを

ゴルフの服装といえば、ポロシャツを思い浮かべる方が多いのではないかと思います。紳士のスポーツでもあるゴルフですので、実際にTシャツを着てラウンドしているプロはいないでしょう。ゴルフ場によってはTシャツでのラウンドを認めているところもあるようですが、ゴルフの正式な服装には襟の付いたポロシャツだと言われることが多いです。
 
確かに、ゴルフ場でゴルフをする際には、Tシャツを使うことはできないのではないかと思います。それでは、ゴルフの打ちっぱなしに行く場合はどうでしょうか?ゴルフの打ちっぱなし場では、実に様々なタイプの方々がゴルフを楽しんでいます。プロさながらに飛ばす方もいれば、始めたばかりでなかなかボールを飛ばせない方まで様々です。
 
服装を見てみると、きれいなポロシャツやゴルフ場で利用するゴルフシューズを身にまとっている方もいます。しかし、ゴルフ場ではありませんので、基本的にはどのような格好をしていても問題ありません。中には、ジーパンとサンダルで打ちっぱなしをするという方もいらっしゃいます。
 
さすがにそこまで行くとボールが打ちにくいですし、本番との感覚が大きく異なりますので、あまりお勧めはできません。しかし、ポロシャツではなくTシャツで打ちっぱなしを楽しむという方はたくさんいらっしゃいます。襟がついているかいないかだけですので、ゴルフの練習には最も向いている衣類といえるのではないでしょうか?
 
もちろんポロシャツのほうがしっくりくる、という方もいらっしゃるかと思います。しかし、Tシャツでも十分に体を動かすことができますし、すぐに脱いだり来たりすることができるという点では、ポロシャツよりもTシャツのほうが優れているのではないかと思います。
 
ゴルフ場を歩き回るわけではないので汗をかくことはない、と思っていらっしゃる方も多いかもしれませんが、クラブを振るだけでも意外と汗をかくものです。もちろん汗の量は人によって異なるかと思いますが、それでもスポーツに適したドライ素材のTシャツを利用するのが良いのではないでしょうか?
 
学校によっては、ゴルフ部などの部活動でおそろいのチームTシャツを利用しているところもあります。ゴルフ部っぽいゴルフのロゴを入れてみたり、学校名、団体名などをワンポイントとして入れることもできますし、大きなデザインを付け加えることもできます。様々なスタイルを楽しめますので、一度チームTシャツの製作を検討してみましょう。

オリジナルTシャツ